保健施設トイレへ「アレスシックイ」施工 その2

11月9日(水)は、5階部分の施工+2フロアの仕上げ塗装

そして、サービス施工として玄関脇にある「車止め」の塗り替えという工程です。



 
こちらが施工前の状態
 
 


 
細部まで養生です。
 
 
車止めの塗装工程は、サビ補修&ケレン → サビ止め塗装 → 中塗り → 仕上げ塗りの流れです。
 




 
 
各フロアも順番に作業完了です。





 
 
 
車止めにサビ止めを丹念に塗ります。




 
中塗り完了です。
 
この日は、木枯らし1号が吹く寒さ・・・
 
塗料の乾燥が早いのは助かりました!作業もどんどん進みます。
 
 





 
中塗り完了です!
 







 
トイレも順番に完了です。
 
 






 
仕上げ塗りが終わった、車止め
 
目にも鮮やかな色になりました!
 

 
最後は、周辺の掃除を入念に行います。
 


 
 
写真でも伝わるように、「アレスシックイ」は、“輝く白さ”が特徴でもあります。
 
薄暗いトイレが、明るいトイレに変貌しました。
 
 
空間に漂う嫌な臭いの元を吸着し、きれいな空気を作り出してくれます。
 
特にトイレの場合、アンモニア臭が独特の臭いを排出しておりますので、その臭いが低減されることが顕著に感じられると思います。
 
 
 
今回使用した、アレスシックイ
 
 
無事に2日間の日程で施工は完了です。
 
早速、ここで働くスタッフの皆さまにも消臭効果を体感して頂き、ご満足頂けました。
 
 
 
医療施設向けの環境改善機能を持った塗料をはじめ、高機能な塗料は多数存在します。
 
しかし、なかなか知られていないのが実情でもあります。
 
 
そんな高機能塗料を実際にお使い頂き、世に広げるのも当協会の役割であると考えております。
 
 
 
誠にありがとうございました!